RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

みんなで作る盆栽展示場

インターネットの盆栽展示場です。
皆さんが投稿した盆栽を展示しています。
<< kujira84さん | main |
ケヤキ
0
    ケヤキ正面
    樹種名:ケヤキ

    ハンドル・ネーム:kujira84

    作品の紹介:
    樹高25cm 枝幅25cm 1の枝までの高さ8cm
    幹径 根際5cm  中間部3.5cm 枝の下の部分3cm

    鉢 幅24cm高さ2cm

    四枚目の写真の部分に針金あとがあります。

    質問
    1、樹高をもう少し低くしたほうが良いか
    2、樹心部は無いほうがいいのか
    3、枝をもう少し引き下げたほうがいいか
    4、枝を切り詰めてふきなおしは可能か

    とりあえず、考えられることをかきましたが、ご指導をお願いします。
    裏から
    ケヤキ裏

    上から
    ケヤキ上

    針金傷
    ケヤキ傷

    2007/2/15 追記:
    kujira84さんより、改作後の写真を頂きました。
    | kujira84さんの作品 | 21:51 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    写真で見るよりも、小さい樹なんですね。
    良い樹は大きく見えます。

    この樹を見た感想は、根本から枝分かれ部分までのこけ準が素晴らしく良いのと、幹の古さだと思います。
    枝はこれから幾らでも作っていけますが、この幹はなかなか作れないです。

    質問の件ですが、私だったらこうしたいなと思うことを、まとめてお答えさせていただきます。

    まず、樹芯は根本から切り離します。
    残った枝は別れ部分から、2僉3僂曚匹里箸海蹐農擇蝓∋泙折れない程度に中へ針金か紐で縛って、絞込み鋭角の立ち上がりにします。
    切り口から伸びた枝は今年は思い切り延ばし、8月から9月ごろ、2僂阿蕕い里箸海蹐農擇蟲佑瓠△笋呂蠖剖發鬚けるか紐などで縛って絞り込みます。
    来年からは箒作りの基本に沿って、芽摘みと葉がりを繰り返していけば、素晴らしい樹になると思います。
    枝分かれが二又ではない、素晴らしい欅もたくさんあります。
    切り口は、かならず癒合材を塗ってください。
    出来てしまった針金傷は、私は樹の個性として気にせず、そのまま育てています。
    時間が経てば、やがては気にならない様になります。
    今年の春は一度薄めの駄温鉢に植え替えて、肥料を多めにして、育てられたほうが良いと思います。

    以上です。参考になれば良いのですが。
    | GTNoboru | 2007/02/05 10:14 PM |

    GTNoboruさん
    ありがとうございます。
    早速、枝を切りつめて。植え替えます。
    また、作業後の様子をお知らせ致しますので、ご指導をいただけると幸いです。
    | kujira84 | 2007/02/06 9:44 AM |

    画像をお送りいただき、ありがとうございます。

    このくらい切り込んで、新しい芽を待って作りこんだほうがいいですね。
    後はあちこちから、たくさん芽が出てくると思いますので、本当に必要な枝だけに整理して、秋まで伸ばしておけば基本が出来ると思ます。
    ラフィアを巻かれていますが、切り口保護の癒合材は塗ってありますか?
    かなり切り込んでありますので、保護しておいたほうが良いと思います。
    植え替えもされたようですが、まだ植え替え時期には早いので、寒さから保護をしておいてください。

    今後の姿が、私も楽しみです。
    又ご連絡ください。
    | GTNoboru | 2007/02/15 11:47 PM |

    ご助言
    ありがとうございます。
    切り口にはトップジンMを塗りました
    夜間は家の中に取り込んでいます。
    GTNoboruさま、また気がついたことがございましたら
    またご助言をお願いします。
    | kujira84 | 2007/02/16 12:47 PM |










    http://tenzijo.tenorigi.com/trackback/353115